失恋から立ち直る時。「忘れる」よりも、乗り越えよう

スポンサーリンク



こんにちは、仁です。

 

失恋と聞いてみなさんどんな気持ちを想像しますか?

 

「悲しい」

「辛い」

「苦しい」

 

いろんな感情を思い浮かべると思います。

どれも逃げ出したくなるような感情ですよね。

 

私は、恋愛すると一人の人と長くお付き合いする事が多く、

失恋の時の心の荒み具合が半端ないです。(笑)

 

失恋して辛い時、早く苦しみから解放されたくて、

早く忘れたい。新しい恋で揉み消したい。

と思う人が多いと思います。

 

しかし、簡単に忘れられないのが人間です。

 

別れた後に、楽しかった記憶ばかり蘇り、

忘れようにも忘れられない状態が長く続いてしまいます。

 

特に男性は失恋から立ち直るのに時間がかかり、

平均して忘れるのに一年掛かるというデータもあるくらいです。

 

失恋の傷は簡単には癒えることなく、

忘れるのにも時間がかかります。

 

でもいつまでも落ち込んでいたら前に進めません。

忘れてしまうことを待っているより、

乗り越える努力をして、前に進む事も大事です。

 

忘れようとしている時間。ただただ辛いだけ。

 

もう終わってしまった恋。

 

それを忘れようとしている。

 

忘れようとしているってことは、

まだ無意識に考えてしまっているという事。

 

ふとした時に思い出が蘇り、辛くなる。

そんな日々の繰り返し。辛いですよね。

 

忘れようとしている間は、基本的に活力が出てきません。

その苦しみをなんとか癒そうと、

ぼーっとしたり、お酒を飲んだり。

 

でも、それは忘れようとすることによる

苦しみを癒すだけです。

 

忘れようとする前に、思いっきり苦しむ

 

失恋した時、辛い気持ちを無理に隠そうとします。

 

悲しい気持ちになっていると、また思い出に浸って辛くなる。

 

でも、一度、その恋愛でどれだけ辛い思いをしたか、

今どれだけ苦しいか、しっかりと自分と向き合い、

その気持ちで心を満たします。

 

これは、自分がどれだけ辛いか確認する行為です。

 

泣いても全然良いと思います。

しっかり悲しみましょう。

 

涙が出るということは、それだけ相手に気持ちがあり、

素敵な恋愛だったということです。

 

そしてその恋を失ってしまった、ということをしっかり認識しましょう。

 

私も失恋直後は思いっきり泣きます。

何をしていても忘れないくらい、失った恋のことばかり考えています。

 

これって実は大事なことです。

 

悲しむだけ悲しんで、自分に目を向けてみる

 

悲しい気持ちがひとまず落ち着いたら、

すぐに、自分に目を向けてみます。

 

自分のどこがいけなかったのか、

何が不足していたのか、

自分について考えます。

 

失恋という結果になったということは、

何かしらの原因があるはずです。

 

例え別れの要因が相手にあったとしても、

どこか必ずあります。

 

そんなことを考えているとまた悲しくなるかもしれません。

 

そんな時は、

 

・・・何度でも泣きましょう。

 

自分に足りないものが見えてくる

 

失恋後、自分に目を向けていると、

自分について色々見えてきます。

 

自分のこういうところが悪いのかも。

自分に足りなかったものはこれかな。

 

ぼんやりとでもいいです。

ちゃんと自分に足りなかったものを見つけましょう。

 

そしてそこに目を向けていきます。

視点をズラす感覚です。

 

失ってしまった恋人の事ばかり考えるのではなく、

自分について考えるのです。

 

失恋がエネルギーに変わる瞬間

 

自分に足りないものが見つかったら、

そこを補うよう、自分に磨きをかける行動を取りましょう。

 

なかなかすぐに行動できないかもしれません。

辛くて、何もする気になれない。

 

その気持ち、すごくわかります。

 

無理してすぐ動かなくてもいいです。

ただ、意識の片隅に置いておきましょう。

 

 

人は、悲しいことや辛いことを、

何度も味わいたいとは思いませんよね?

 

  • 自分に足りないものが見えたこと。
  • 今の現状、悲しくて辛い気持ち。

 

この二つが繋がった時、

勝手に体が動き始めるはずです。

 

なぜなら、今の悲しみは、

自分に足りないものからきたのかもしれない。

と体が感じるからです。

 

すると、その足りないものを放置していると、

いずれまた同じ悲しみがやってくる。

 

そんなの嫌ですよね?

 

つまり自分に磨きをかけることで、

悲しみや辛い気持ちを回避できるかもしれないのです。

 

こうなると、今悲しくても、辛くても、

何とか自分を変えようと努力します。

 

これって「忘れる」ことではなく、

失恋を糧に「乗り越える」になります。

 

失恋は辛い。でもすごいエネルギーを秘めている

 

失恋は辛くて、悲しいことです。

 

当たり前です。愛し合っていた二人が別れることなのですから。

 

しかしどんなに辛くても時間は流れていくし、

自分の人生は進んでいきます。

 

ならば、1日でも早く、失恋を自分の糧にできたなら、

前向きに生きることができるようになるはずです。

 

失ってしまった恋がもしかしたら何年も忘れられない恋かもしれない。

一生、その人への想いが消えないかもしれない。

 

それはこの先、生きてみないとわからないことです。

運命の人ならば、またどこかできっと繋がります。

 

その時にまた失わないためにも、今の自分より成長することも大切です

 

悲しくて辛い時に、無理する必要はありません。

しっかりと癒えるまで無理は禁物です。

 

でも、失恋の中には大きなエネルギー、

自分を良くしてくれるエネルギーがあることを忘れないでください。

スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼




当ブログでも使用!
WordPressテーマ「ストーク」

「新しいスマホビュー時代をつくろう」というのをコンセプトに、スマホでの見やすさ、操作しやすさにとことんこだわりました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA